注文住宅・分譲住宅・建売住宅の違いは?

注文住宅とはどんなものか

注文住宅には大きく分けて二種類あります。その中の一つがフルオーダー住宅と呼ばれるもので、使う材料から建築工法に至るまで指定できるというものです。注文住宅と聞くとこちらの方を頭に浮かべる人も多いでしょう。世界に一つだけしかない建物が欲しいという人には適しています。その反面、決めなければならないことが多いため、施主の負担が大きくなる場合も少なくありません。
そこでもう少し手軽に注文住宅を建てたいなら選ぶと良いのが、セミオーダー住宅です。こちらは洗面所やバスルーム、トイレやキッチンなどといったものの場所やグレードがある程度決まっています。施主はその中から自分の好みのものを選択するだけなので、かなり手間が省けます。

分譲住宅と建売住宅とは

分譲住宅と建売住宅にはほとんど違いはありません。あえて相違点を挙げるなら販売方法に関してです。分譲住宅は業者がある程度の広さがある土地を買い上げます。そしてそこに数軒の建物を建てて、それらを買い手に割り振っていきます。建売住宅の方は、一つの土地に一軒の住宅を建て、それを売っていきます。
いずれにしても、買い手は完成した建物を購入することになるわけです。メリットは注文住宅に比べるとかなり安価な値段で購入でるという点です。その代わり、キッチンなどのメーカーやグレードはもちろんですが、間取りも選ぶことはできません。ただ、すでに建物があるわけですから、日当たりや導線といったものは実際に見て購入するかどうかを決められます。

分譲住宅の場合、コスト削減を図りながら建築するため、注文住宅よりも安価に購入でき、限られた予算でも比較的購入しやすいというメリットがあります。