住宅業者を選ぶポイントは?

予算によって住宅メーカーを選ぶには

注文住宅を建てるとなると住宅業者を選定する必要がありますが、その際にまず考慮すべきはどの程度の予算をかけることができるかということです。一般的に注文住宅の相場は坪単価によって算出されますが、坪100万円くらいでも出せるという方であれば大手の住宅業者、逆に坪50万円程度で押さえたいという場合にはいわゆるローコストメーカーと言われるところが選択肢となります。また、大手と一概にいってもその価格水準は様々であり、一般に鉄筋を売りにしているメーカーは比較的高めでツーバイフォーなどの木造メインのところはそれよりも安めと考えておくとよいでしょう。もっとも、木造メインの業者であっても高いデザイン力を持っているようなところは高級路線となっていますので、注意が必要です。

得意とするデザイン力やアフターサービスによって選定する方法

価格帯以外で住宅業者を選定する方法としては、その業者が持つデザイン力に着目するというものがあります。業者によって洋風のデザインが得意であったり、モダンなデザインが得意であったりと特徴が異なりますので、自分の好みにあったところを選べば理想に近い家づくりができるでことでしょう。また、何十年にもわたって住み続けることになる家ですので、完成後のアフターサービスの充実度にも十分に配慮することが重要です。会社がなくなっては意味がありませんので、それなりに財務体質が強固なところに委託するというのも一つの考え方ですし、保証期間が長いところを選ぶというのもよいでしょう。自分の好みとライフスタイルに合わせて選定することが大事です。

一戸建てとは一つの建物に一世帯が住んでいる住宅の事を指し、マンションや二世帯住宅は当てはまりません。